イベント幹事必見!お祭り景品ランキング

トップ > 景品を選ぶポイント > 時間がない幹事さん必見!お祭り景品の選び方

時間がない幹事さん必見!お祭り景品の選び方

幼い子供を育てている時期には、単に育てるだけではなく、子供に関する行事もあり、なかなか大変な忙しい状況になります。
幼稚園などでも様々な行事で無料奉仕の仕事をしなければならず、お祭りなどの幹事を任されて色々悩んだりもします。ゲームや景品なども決めなければならず選び方も何もわからないところから始めるので大変です。基本的には目線が重要になります。
どうしても大人の目線、自分を基準にした目線で選びやすくなります。
しかし、主役は子供なので、子供が楽しめるものを選ぶということが基準になります。
親たちが集まって、それは良いというものではなく、子供たちがやる気になったり、目の色を変えたりすることが重要です。親の反応も重要ですが、それ以上に子供たちの反応を考えて選ぶことがポイントです。

子供たちが喜べば、親も満足をするからです。具体的にはインパクトがあるもの、大きなもの、派手なものなどは、子供たちも興味を持ちます。
またキャラクターものなども人気があります。珍しいもの、工夫されているものなども効果的です。あくまでも子供の目線でそう感じるものを選ぶ必要があります。また、景品の場合には、親がもらってうれしいものも人気があります。家に持ち帰り、それで子供が喜ぶ、あそべるものなども、その分親の手間を少なくできるので喜ばれます。幼稚園などでは、今までの体験の蓄積があります。
ですので、今まで何が人気があり、好評だったかを探ります。経験の豊富な先生たちに聞けばすぐにわかります。そのほかインターネットなどの情報の参考になります。

インターネットを参考にする場合には、検索をしながら販売されている商品などをできるだけ多く見てみるということや、体験をした人も多いので、成功した体験や失敗した体験の生の声を聞いてみるということもヒントになります。
そして今リアルタイムで進行しているイベントの感想なども重要な参考意見です。予算もありますので、あまり凝った物は選べませんが、工夫はできます。具体的には駄菓子やアクセサリー、風船やおもちゃ、キャラクターもののハンカチやティッシュなども選べます。
たとえばシャボン玉や折り紙、ヨーヨーなどや女の子では髪留め、指輪、ミサンガなども興味を引くでしょう。お菓子などは、そのまま食べることができますし、もらってもうれしいです。
また予算やそれぞれの環境や条件で違ってきますので、できるだけオリジナリティーのあるものを選びます。